ウルトラマラソンとは

2013年6月1日しまなみ海道ウルトラ遠足

ウルトラマラソンとは、フルマラソン(42.195Km)以上の距離を走るマラソンをウルトラマラソンといい

日本では100Kmの大会が人気ですね

 

何キロ走るの?

大会により様々ですが、50Km・70Km・100Km・100Km以上の大会があります

100Kmの大会で早朝4時とか5時にスタートして夕方、日が暮れる位にまで

にゴールする設定の大会が多いかな?

世界では、アメリカ大陸横断4600Kmを2ヶ月以上かけて走る大会もあるんだってすごいね

 

制限時間は?

100Kmの大会で制限時間は13時間~16時間といろいろあって

16時間制限の大会だと60Km位から歩いたり走ったりでも

諦めなければゴールできますよ

 

何処でエントリーするの?

エントリーするには、インターネットで申し込める大会や

郵便振替のみで定員に達してしまう人気の大会まで様々

2014年に開催される第29回サロマ湖100Kmウルトラマラソン

は、申し込みからわずか2時間で3550名の定員に達した大会もあるくらい

今後はウルトラもクリック合戦になるかもね?

 

いくらかかるの?

気になるエントリー料金は15000円~19000円位

少し高いような気がするけど、走ってみればわかります

沢山のスタッフの方が大会当日のみならず

色々な準備をしてくださって、大会の成功の為、またランナーの方に

来年も来て頂きたいと一生懸命に準備されています

私は、今まででた大会は全て来年も出たいと思う大会です

 

誰でも走りきれるの?

やる気次第だと思います

私が初めて出たウルトラマラソン2013年6月のしまなみ海道ウルトラ遠足では

13歳の男の子から77歳の男性の方まで1220名中919名が完走し、その完走率は75%です

100Kmを走りきるための、練習方法や月間走行距離など人様々ですが

私は大会前、3ヶ月で600Km、1ヶ月200Kmを3ヶ月走り、初ウルトラをトライしました

もちろんその前に1ヶ月200Kmを走れる体を作らないと

いけないですけど

 

結果15時間27分で完走できたのですが、その後も月間150Km~200Kmの練習で

100Kmを14時間~13時間位で走れる様になりました。

練習を続ければまだ時間を

短縮できると思っています

イチロー選手もこんな事を言っています

「小さな積み重ねが、とんでもない所に行く

ただ一つの道です」

一夜にしてウルトラマラソンを完走することは出来ませんが

継続することでいつかは「今回は楽に完走できました」

な~んて言える日が来る事を信じて日々精進してます

 

こんなデータも

ウルトラマラソンを走ったときって歩数にして何歩くらいかな?って思ってアプリで測ってみました

この画像は、2014年24回富士五湖ウルトラマラソン108Km(大会は112Km)を走ったときのものです

ウルトラマラソンを走ったときの万歩計

歩数がなんと!14万歩あまり

「健康の為、1日1万歩以上歩きましょう」って

聞いたことあるけど、はっきり言ってやり過ぎです

 

そして消費カロリーが8000kcl以上

と、とんでもない数字になりました

消費カロリーを補う為には、牛丼並を食べたら、11杯以上食べられます

食べるのが大好きな、私にとってはいいスポーツかも?

マラソンを始めてから、基礎代謝も1500kcalを越え

多少好きな物を食べても太らなくなりましたよ

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です