プッシュ講習を受講してきました

今日は、来月開催される「港KOBE・Mt.六甲トレイルランニングレース」

のスタッフ向けの「プッシュ講習」を受講してきた

心臓マッサージ

この講習会には、イベントの主催者の方以外に、

特定非営利活動法人大阪ライフサポート協会「PUSH PROJECT」の方が

来られていて、日本の現状と胸骨圧迫(心臓マッサージ)の大切さを

教えてくださいました

内容は、間違いがあったらダメなので

その一部をホームページより抜粋します

————————————————————

PUSHプロジェクトは、胸骨圧迫(心臓マッサージ)だけの誰でもできる

心肺蘇生(そせい)の普及を通じて、突然倒れた方を救命できる

地域づくりを目指します。

突然死は、いつ、どこでも、誰にでも起こりえます

大阪ライフサポート協会のホームページ参照)。

突然心臓が止まってしまった場合、助かる可能性は数%と

非常に低く(ウツタイン大阪プロジェクト調べ)、

日本では毎年およそ7万人もの方が突然死で亡くなっています。

突然、心臓が止まってしまったら、一刻も早く胸骨圧迫を開始し、

AED(自動体外式除細動器)を用いて、

電気ショックをかける必要があります。

AEDの設置は拡がりつつありますが、AEDを用いた心肺蘇生を

行うことの出来る人が増えなければ、救命率の向上は期待できません。

PUSHプロジェクトでは、心肺蘇生の中でもっとも重要な胸骨圧迫と

AEDの使い方を多くの方に学んで

もらうことで、突然倒れた方の救命率向上を目指します。

また、学校における心肺蘇生教育の実施を促すことで、

「いのちを大切にするこころ」を育てていきます。

————————————————————

今日の講習では、実際心肺停止している方が居るとして、

まずは救助する側の安全確保を第一に

次に倒れられている方の現状を確認して、

救急車、AEDの手配、そして心臓マッサージ

AEDが届いてからの、その使い方まで

救急車が到着するまでの間、どうするかを体験してきた

 

大会では、起こらないに越したことはないが、

この様な、スタッフ教育をされている大会って

参加される方は、万が一の時に安心ですもんね

 

今からYouTubeみて復習しておきます

 

 

 

 

 

2 Comments
  1. 来月の六甲のスタッフさんなのですね。

    よろしくお願いいたします!
    なるべく転ばぬよう
    頑張ります。

    • パティオさん
      こんばんは、来月の「港KOBE・Mt六甲トレイルランニング」
      参加されるんですね。
      私も初めてのスタッフ(盛り上げ隊)として参加いたします
      当日は、怪我の無いように頑張ってください
      応援してます(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です