比叡山トレイル45Km関門で捕まっちゃいました

比叡山延暦寺

2015年5月30日土曜日

比叡山インターナショナルトイルラン

全長50Km

制限時間11時間

累積標高(すべての登りを合計)3700mと言う

聞いただけでお腹いっぱいになるレース

このレースに約1000人のトレイルランナーが

挑戦します

比叡山トレイルスタートゲート

自分的には、何回も試走を繰り返し

難易度はわかっていた

このレース

さてどうなることやら?

20150530_01_1

午前8時30分より

順番にスタート位置に列び始めていると

「あっ!ブログ見てます」って

女性の方に声を掛けていただきました

実はこの出会いが後で、助けて頂くことに

なるんです

そして

いよいよ午前9時スタート

スタート前

スタート直後の渋滞です

もちろんこれは想定通り

スタート位置を前の方にとっていた為

少しの渋滞で済みましたが

スタートを後方にとっていた方は

やはりここを抜けるのにかなり

タイムロスされていたようです

スタート直後の渋滞

そしていつもの京都トレイルのコースを

京都市内方向へ

軽く流して進むこと1時間

まず1回目の坂を降りきります

20150530_01

今回のこのレースは標高の

高い所では600~700m位で

また低いところは100m位

今回はこの標高の低い所を

「谷ぞこ」と呼びます

その「谷ぞこ」まで降りてを

6回繰り返すんです

 

これが1回目

あと5回

そして

一本杉に向けての登り坂にさしかかります

この辺りでは、時間的な気温の上昇と

標高が低いため、かなり暑いかったですね

第一エイドの手前300M

ロテルド比叡前「1A」エイドに10:46到着

20150530_02

ここまで約10Kmあともうちょっと40Km(^ ^)

ロレルド比叡前第一エイド 

エイドを出発後

ここからしばらく軽快に走れました

無動寺や遠見岩を通り過ぎ

2回目の谷ぞこ

降りてくると

もちろんその次はお楽しみの

登り坂

ってか

20150530_03

僕には壁に見えました

日吉東照宮の階段です

日吉東照宮

この階段は直ぐに終わるのですが

その後、舗装路の坂道は続きます

比叡山高校のグランド横

この比叡山高校のグランドが見えると

またトレイルのコースに突入します

この坂がまたヤバイ

20150530_05

わずか4Km弱で600mほどの登りです

この坂は、試走で3回位走ってるかな?

それでもやっぱり心が折れます

第2エイド根本中道

そして「2A」根本中道のエイドに12:50到着です

20150530_06

今回、水分用のボトルは

0.7Lの物を2本用意

エイドに到着する前に既に飲み干し

何とかたどり着けたが

途中、何度も目まいするし

座り込んで休憩もありましたね

第2エイド根本中道

そして、十分の水分と

エネルギーを補給して

第2エイド根本中道

ついでに美味しそうだったので

お蕎麦もいただきました

ここまでは、あまり大きな

トラブルもなかったのですが・・・

この後、再スタートし東塔の横を通り過ぎたあたりで

両腿の前がひどく、痛み始めました

ここで1回目「もう無理かも?」

って思うも、まだ20km

とにかく塩熱サプリと水分を摂って

日陰で休憩している間に

何人もの知り合いのランナーが

やさしい声を掛けて

通り過ぎていきます

 

10分位休憩したでしょうか

やっとの事で少しずつ歩ける状態に

ただ10分も休憩しているので

既に脚は硬直状態

でも少しづつ、前へ

西塔(さいとう)

ここは、西塔(さいとう)地域の

釈迦堂です

京都トレイルのコースを走っている時は

この場所を避けて通っているので

始めて見る景色に

しばし観光気分になります

その後がまた、激坂下りのお出迎え

青竜寺~地蔵まで一気に400mを降りていきます

20150530_07

もちろん降りると

次に出迎えてくれる坂は

お楽しみの「登り坂」

これがねキツかったのよ

大丈夫かな?

って思いながら登って行くと

やっぱり、さっき痛みのはしった

両腿が痙攣して

その後、何度も座り込んで休憩

ここで2回目の「リタイヤ」の文字が

頭の中によぎります

 

そこに通りがかった

スタート地点で「ブログ見てます」

って言っていただいた女性の方が

親切に声を掛けて頂き

サプリを色々頂いた上

脚をマッサージまでして頂いて

なんてお礼を言ったらいいのか m(_ _)m

その後、何とか横高山の手前

給水エイドに到着しました

20150530_08

ここでは、数人の方が

リタイヤするには

どんな方法がありますか?

とか

この先、進んでリタイヤできますか?

なんてスタッフの方に聞いている

自分も、はっきり言って、脚の痛みと

また激痛のはしる不安が

消えているわけでない

このエイドで、座り込むこと10分

またここで声を掛けて貰う

次は男性

「ブログ見てますよ」

そして

「あなたのおかげでこの大会にエントリーしました」

だって感謝して頂きました

後でこのキツイコースを簡単に

「ポチっと!」

なんてブログに書いていたので

恨まれないか不安だったけど

少ししゃべっていると

だんだん元気が出てきて

後の事は考えないで

「前進あるのみ」って急に

勇気が湧いてきて

さぁ、もう迷いません 

またスタートです

あと25Km

水井山

横高山~水井山~仰木峠

いつもの京都トレイルのコースです

小野山~大尾山へと進みます

大尾山方面
30Km地点

途中30Km地点を

15:50に通過

大尾山

大尾山を越えると

ここからは、4回目の「谷ぞこ」へ

途中

ハンググライダー離陸ポイントを通過して

ハンググライダー離陸ポイント

滝寺給水ポイントを目指します

20150530_09

滝寺手前

この坂を下りきって

またまた登り坂

仰木エイド35Km地点へ向かう道は

ほとんど歩いてしましました

仰木エイド手前

仰木「3A」エイド35km地点に

17:21到着

仰木エイド
仰木エイド
仰木エイド

仰木エイドでは地元の方の温かい

おもてなしを受け感謝です

 

そして次の関門45Km地点まで

1時間と9分 急げ!

20150530_11

そのわりには、おにぎりや羊羹を食べました

ここからは、5回目の「谷ぞこ」

舗装路の下りです

20150530_10

そしてこの舗装路を下りきったところで

最後の関門、横川中道(よかわちゅうどう)

向けての登り残り3Km位でしょうか?

この坂で精神的にへこたれて

行けるかな?

行けないかな?

でも走れない

でもそれでは間に合わない

など考えながら43Km地点の

看板が見えた時には後10分

ダメだ

完全歩いてる・・・

そして横川中道エイドへ到着したのは

関門締め切り、14分後

20150530_12

午後6時44分の事でした

あー情けない

完全にメンタルが弱くて

もう止めようと思って

座り込むこと、全部で30分以上

でも今更そんなこと思っても仕方がない

横川エイドで終了

今日のレースはここ

第4エイド横川中道「4A」

45Km地点で終了です

 

最後になりますが、ここまで来れたのは

自分一人の力では、正直無理でした

今回、「ブログ読んでますよ」と2人の方に

声を掛けて頂き、もう止めよかな?

って思っている時に限って

元気をもらって

ここまで来れたと思っています

また何処かのレースで

お返しできる事を願っています

本当に感謝いたします

有難うございました

来年必ず、リベンジしますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です