第24回宮古島100Kmワイドーマラソン2014

宮古島100Kmワイドーマラソン

2014年1月12日

全国で年明け最初となるウルトラマラソン

宮古島で開催される

1月だけど気温は暖かく

昼間は長袖のTシャツでOK

そんな宮古島のうえのドイツ文化村をスタートして島を一周するマラソンが

宮古島100Kmワイドーマラソン

当日、スタート時点はまだ夜が明けていない

宮古島100Kmワイドーマラソンスタート前

午前5時スタート

真っ暗闇の道路を頭につけた小さいLEDのライトの明かりを頼りに

進んでいく

走り始めて1時間、ずーっと真っ暗

その上、コース上にはほとんど街灯が無い為

このライトが無いと、足元が全く見えない

宮古島100Kmワイドーマラソン15Km地点

15Kmを約1時間30分で通過

沿道では、早起きしている地元の方が「ワイドー・ワイドー」と熱い声援おくってくれる

宮古島で「ワイドー」とは、「耐えろ・しのげ・頑張れ」を意味するらしい

宮古島100Kmワイドーマラソン30Km地点

30Km地点を3時間で通過

周りは、すっかり明るくなりサトウキビ畑がつづく

ここで、脚に異変が・・・

右足のふくらはぎにに激痛がはしる

今までにこんな痛みは初めてである

35Kmのエイドで軽くストレッチとふくらはぎを揉みほぐすことで

だいぶん回復してまた走り始められた

宮古島100Kmワイドーマラソンサトウキビ畑

そして42.195Km地点を午前9時43分、スタートから4時間43分で通過

42.195Km地点通過

30Km地点で痛めた脚が徐々に痛くなってくる

その度に、ストレッチとマッサージを行うとしばらく走れる

だが、だんだんその距離が短くなってきた

50Kmエイドに午前10時53分に到着

スタートから5時間53分

宮古島100Kmワイドーマラソン50Kmエイド

このエイドでは、15分ほど芝生の上に座り込みゆっくり右足のふくらはぎを揉みほぐす

念の為、ロキソニンも持っているが、いつもの関節痛と違うため

今回は、薬を飲まずにこのまま走ることに・・・

その後も5Kmごとのエイドでストレッチ・マッサージを繰り返すが

走れる距離がだんだん短くなっていく

そして65km地点

宮古島100Kmワイドーマラソン65Kmエイド

このエイドを出てからは、走ることが出来ない

頭の中では、「リタイヤ」の4文字が思い浮かぶ

そして70Kmエイドに午後2時28分到着

スタートから9時間28分

この5キロは全く走れずに全て歩いてしまった

そして

自分の口から「リタイヤします」・・・

始めて乗る選手回収車

せっかく宮古島まで来たのにリタイヤとは情けない・・・

そしてゴール地点に車で帰ってくると、そこには

宮古島100Kmワイドーマラソンゴール地点

レッドカーペットが敷いてあるやん

無念です

 

 

翌日

走りきれなかったコースをどうしても見たくて

レンタカーで逆走してきました

80Km地点の 東平安名崎

80Km地点の 東平安名崎

ここは、風がキツくて昨年もリタイヤされるランナーが多かったと聞いている

そして次に、弱音を吐いた70Km地点エイドへ

70Km地点の エイドがあったところ
70Kmリタイア地点

ウルトラマラソンは10時間以上走り続ける長丁場

色々なトラブルにも対応できる経験と体力が必要だと今回思い知った

次回は4月に富士五湖112Kmにエントリーしているので頑張らなくっちゃ(^-^)/

最後に

宮古島に来て2回立ち寄った丸吉食堂

丸吉食堂

この丸吉食堂の「ソーキそば」は絶品!

今回宿泊したホテルブルーズベイマリーナから車で7、8分で行けるので

また宮古島来れたら一番に行きたいね、抜群に美味しかったよ!

丸吉食堂のソーキそば

そしてもう一つ

宮古島でよく見かけるこの「まもる君」

島のあちらこちらで24時間、島の安全を見守ってるんだって

宮古島まもる君

ほんわかした表情がこの島の平和を物語っているね

また来るよ、まもる君もワイド~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です